ねことんぼプロムナード

新しいルネサンスの小径

60歳からのわがままタロットセラピー

60歳からのわがままタロットセラピー18「オカルトを楽しむ」②〜悪魔カードが教えてくれたこと〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= タロットに助言を求めるとき「悪魔」カードが出てくると緊張が走ります。 占い師にもよるでしょうが、私はたとえ他に明るいカードが出ていても、良い気持ちは…

60歳からのわがままタロットセラピー18「オカルトを楽しむ」①〜本物?偽物?〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 私は占い師なので、オカルト、スピリチュアルを否定する立場にはありません。 なかには、スピリチュアルな占いは好きではないとか言いつつ、自分が占うときに…

60歳からのわがままタロットセラピー17「ご都合主義でいいじゃん」②〜年齢を好都合に解釈して生き延びる〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 「60歳からのわがままタロットセラピー」としては、兎にも角にも、何事も「都合よく生きる」ことを提案します。 早ければ5年か10年後、遅くとも20年かそこらで…

60歳からのわがままタロットセラピー17「ご都合主義でいいじゃん」①〜どうせ死んじゃうんだから〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 「どうせ〇〇だから」。 「どうせ」は、たとえポジティブな結果を予想して使ったとしても、ネガティブな気持ちのこもったフレーズです。どうせだめにきまって…

60歳からのわがままタロットセラピー16「お片づけ&処分 占いとシンクロ二シティと掘り出し物」

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 後日談とまでは言えないかもしれませんが、その後のエピソードをひとつ記しておきます。 大々的に行った「お片付け&処分」でしたが、あと少しというところま…

60歳からのわがままタロットセラピー15「お片づけのCD DVD 書籍 番外編」②辞書と書棚整理

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 本を集めて配置した書棚とは、身体拡張の環境でもあるのだ。 (山本貴光「記憶のデザイン」P185) 核心を突いていると思います。 データだとこの感覚を味わう…

60歳からのわがままタロットセラピー15「お片づけのCD DVD 書籍 番外編」①

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= CD DVD に関してはその殆どを捨てたのではなく、圧縮収納することで「お片づけ&処分」を行いました。 前にも書きましたが、この作業のなかでゴミとして捨てた…

60歳からのわがままタロットセラピー14「お片づけの手紙と日記 番外編」〜残された手紙が名著になるとき〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= わざわざあえて「あとに残される」ことに大きな意味が発生する場合があります。 前にもすでに書きましたが、例えば作家や学者、著名人の手紙やメモ類などはぜ…

60歳からのわがままタロットセラピー13「Bucket List」②〜見えてきたもの 夢〜やりたかったのにできなかったこと〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 老後にやろうとか言って若い時に先送りにしていたことがありませんか? さて、その老後がやってきた今、どうしますか?やりますか?やりませんか? 「60歳から…

60歳からのわがままタロットセラピー13「Bucket List」①〜死ぬまでにやりたいこと〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 「Bucket List(バケット・リスト)」は、いわゆる「死ぬまでにやりたいことリスト」です。 映画「最高の人生の見つけ方」(2019年 主演/吉永小百合 天海祐希…

60歳からのわがままタロットセラピー12「ネガティブな思い出への処方箋」〜あるいはペイ・フォワード〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 「60歳からのわがままタロットセラピー5」で触れました、ネガティブな思い出・記憶の対処方法について、ここで少し述べておきます。 「カップ6」カードは、…

60歳からのわがままタロットセラピー11「塔のイメージ」〜余生をどう過ごす〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 前のテキストで、「塔」のエネルギーで気づきを得て、そして新しい土台に新しい自分の塔を優雅に建てる、という話をしました。 カードではなく実際の塔には、…

60歳からのわがままタロットセラピー10「お片づけ&処分を振り返る②」〜貴石と軌跡と奇跡と〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 「お片づけ&処分」の作業は「発見の連続」でもあります。 埋もれていた過去が蘇ってくるのは、遺跡発掘にも似たある種の冒険のようなところもあります。そう…

60歳からのわがままタロットセラピー9「お片づけ&処分を振り返る①」

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= そもそも私は、自分の占いによる運勢からも家族事情的な理由からも、2020年オリンピックの年に引っ越しをする、あるいは引っ越しに向けての準備を整えていく予…

60歳からのわがままタロットセラピー8「“あとがない”のご都合主義」

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 「あとで……はない」と同時に、60歳前後からの私たちにはもう「あとがない」のです。 決してネガティブな意味では言っていません。 タロットカードに例えますと…

60歳からのわがままタロットセラピー7「“あとで……はない”のだから捨てる」〜お片づけ&処分シニアの心得〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 「僕の生きる道」(2003年フジテレビ)というテレビドラマがありました。 草彅剛演ずる高校教師の中村が、ガンの余命宣告を受けてから自分の短い人生を振り返…

60歳からのわがままタロットセラピー6「どうしても捨てられないものがある」

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= お片づけ&処分でシンプルライフ。 古いものは捨てましょう。 そうは言っても…… 「どうしても捨てられないもの」ってありませんか? つい最近買ったものでも、…

60歳からのわがままタロットセラピー5「お片づけ&処分で日記は残すべきか?残したいのか?やむを得ず残ってしまうものなのか?」

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 日記はどうしますか? 日記をつける習慣のある人は、精神的に、あるいは肉体的によほど書くことができないような状態にならないかぎり、死の間際まで書き続け…

60歳からのわがままタロットセラピー4「お片づけの手紙と住所録」

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 手紙は、年賀状も含めた葉書よりも捨てにくいものではないでしょうか。 私の場合、手紙のやり取りというのはそれほど膨大ではありませんが、それでもけっこう…

『みんなの「わがまま」入門』〜「わがまま」と「おせっかい」〜

社会運動に関する本だが、それだけではない、あらゆる人生、生活の場面に通底することが書いてある。 『みんなの「わがまま」入門』 富永京子著/左右社 富永京子、立命館大学准教授。私が著者の存在を知ったのは、朝の情報番組「モーニングクロス」(東京MX…

60歳からのわがままタロットセラピー3「お片づけの年賀状」

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 年賀状については、年の変わり目に処分してしまう人のほうが多いかもしれません。残しておいたとしても10年以上保存しておく人は少ない、でしょうか?1年間手…

60歳からのわがままタロットセラピー2「お片づけ&処分」②肯定〜CDとDVDからスタート〜

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= No13「死神」カード。 相談者さんのほとんどが恐れるカードです。死神を怖くないという人はいないかもしれませんが、タロットカードでは、直接的に「死」を意…

60歳からのわがままタロットセラピー2「お片づけ&処分」①否定

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= お片づけブームは去りません。 それどころか、2020年、COVID19による行動自粛生活によって、お片づけ&処分の意識は活性化しました。東京都知事も推奨していま…

60歳からのわがままタロットセラピー1「お片づけ&処分の写真」

60歳からのわがままタロットセラピー =やりのこさないために= =ご都合主義シニアのアジール= 義母の葬儀のときの話です。 義母の知り合いだという80代後半か90代前半と思われる女性が私と夫にこう語りかけてきました。 「すっかり片づけてぜんぶ処分して…