ねことんぼプロムナード

タロット占い師のetc

映画「Living」「生きる」〜生きることの本当の意味は?〜黒澤明オリジナル&カズオ・イシグロ英国リメイク版

「生きる」という意味は…… 「Living」2022年イギリス 監督/オリヴァー・ハーマナス 脚本/カズオ・イシグロ 原作/黒澤明「生きる」 出演/ビル・ナイ エイミー・ルー・ウッド アレックス・シャープ 他 「生きる」1952年日本 監督/黒澤明 脚本/黒沢明 橋…

原作と映像作品〜原作の世界観と改変

私が言及しても失礼なだけかもしれない。 けれども、ドラマ好きで、ドラマや映画について好き勝手にあれこれ尽きないお喋りをしている者、すなわちドラマファンのひとりとして、看過できない事態となっているなか、何も語らないわけにはいかない。とういうか…

映画「幸せなひとりぼっち」「オットーという男」〜ヨーロッパとハリウッドの違いは?

どちらも面白かった。 「幸せなひとりぼっち」2015スウェーデン 監督・脚本/ハンネス・ホルム 出演/ ロルフ・ラッスゴード バハール・パルス 他 「オットーという男」2023アメリカ 監督/マーク・フォースター 脚本/デヴィッド・マギー 出演/トム・ハン…

朝ドラ「まんぷく」〜やっぱり面白いドラマ〜自分の記憶違いにびっくり

やっぱり面白い! 「まんぷく」NHK朝ドラ 2018年10月〜2019年3月 脚本/福田靖 出演/安藤サクラ 長谷川博己 松坂慶子 内田有紀 松下奈緒 要潤 大谷亮平 岸井ゆきの 他 なんとなく観たくなって、NHKオンデマンドで観た。 そうしたらなんと、テレビで再放送し…

「いちばんすきな花」〜自分と他人との関わりのなかで自律していくことの…

ぐちゃぐちゃしてるけど、これが人間だと思った。 「いちばんすきな花」フジテレビ 木曜夜10時 2023年10〜12月 脚本/生方美久 出演/多部未華子 松下洸平 今田美桜 神尾楓珠 田中麗奈 他 友だちってなんだろう。人間関係ってなんだろう。男女の友情ってある…

「パリピ孔明」「ONE DAY」「ゆりあ先生の赤い糸」「フェルマーの料理」「トクメイ」「うちの弁護士は手がかかる」〜オープリングとエンデイングがナイスになった〜2023年秋ドラマ

深く語るほどではないが、楽しく視聴できた2023年秋シーズン(9〜12月)のドラマをまとめてご紹介。 「パリピ孔明」フジテレビ水曜夜10時 原作/四葉タト(原作) 小川亮(漫画) 脚本/根本ノンジ 出演/向井理 上白石萌歌 森山未來 他 すでにアニメが人気…

「下剋上球児」〜次を目指してる限り 人は終わらない〜ライフレッスンがいっぱいつまったすばらしいドラマ

なんか、ちょっと、すごく良かった。 「下剋上球児」TBS 日曜夜9時 2023年10月〜12月 脚本/奥寺佐渡子 原案/菊地高弘「下剋上球児」 出演/鈴木亮平 黒木華 井川遥 小泉孝太郎 生瀬勝久 小日向文世 松平健 山下美月 明日海りお 他 生徒(球児)たち TBS日…

「アフロえみ子の四季の食卓」〜みそ汁談義〜稲垣えみ子流簡素生活でハッピー

楽しくて素敵な本です。 「アフロえみ子の四季の食卓」 稲垣えみ子著 マガジンハウス 軽快な著者の筆致と著者がつくる日々の質素な食事のカラー写真がページを彩る。 面白くて、楽しくて、読書はどんどん進む。 それにしても、稲垣えみ子の著述は愉快だ。な…

「家事か 地獄か」〜これはいわゆる「脱成長」じゃないか〜そして「今を生きる」のだ

いち読者が余計なことだけど、マガジンハウス、良い本つくってるなぁ。前回取り上げたヤマザキマリの「扉の向う側」もマガジンハウスだった。 「家事か 地獄か 最期まですっくと生き抜く唯一の選択」 稲垣みえ子著 マガジンハウス 稲垣みえ子といえば「もう…

「扉の向う側」ヤマザキマリ著〜扉の向こう側にいるシンクロな人々

旅エッセイはやっぱりいいなぁ。 「扉の向う側」 ヤマザキマリ マガジンハウス 雑誌「ku:nel (クウネル)」連載のエッセイの書籍化。 私は旅エッセイが好きだ。読んでいてなんとなく行った気になれるし、普段の生活環境とは違う独特の雰囲気と香りが漂ってく…

「今日の芸術」岡本太郎〜符丁として生きない〜自由に生きる

ものすごいエネルギーだ。 「今日の芸術」(新装版) 岡本太郎 光文社文庫 なんだかすっごいことが書いてある。 ひとことで言えば「芸術は爆発だ!」に尽きる。 1954年に光文社から出版されたものの新装版。先日取り上げた大江健三郎の「同時代論集」もそう…

「物語は人生を救うのか」〜自分を苦しめる物語はさっさと捨てよう〜偶然と必然

あ、それはgoodな方法だな、と思った。 「物語は人生を救うのか」 千野帽子著 ちくまプリマー新書 これは「人はなぜ物語を求めるのか」の続編だ。 私たちは、常にストーリーを組み立てて生きている、という。 それは良いときもあるし、悪いときもある。 確か…

「想像力と状況」大江健三郎〜50年以上前の時事評論が新鮮に読める

ここ数年に書かれたものかと錯覚する。 「想像力と状況」 新装版 大江健三郎同時代論集3 岩波書店 まったくもって現在のことを考察し論評しているのではないか、と思ってしまう著述は、実は意外と結構あるものだ。 とくに、戦前戦中戦後に書かれたものが、…

映画「魔女の宅急便」(実写版)〜「本当の自分を生きる」の正統派〜小芝風花が素晴らしい

案外おもしろかった。 「魔女の宅急便」(実写版)2014年日本 原作/角野栄子 監督/清水崇 脚本/奥寺佐渡子 清水崇 出演/小芝風花 広田亮平 尾野真千子 筒井道隆 宮沢りえ 他 このところ、新旧合わせて小芝風花主演のテレビドラマ、映画を観る機会が多い…

NHK朝ドラ「らんまん」〜雑草という名の草はない〜純粋な学術とは〜神木隆之介がすばらしい

なんだか泣けてくるドラマだった。 「らんまん」2023年4〜9月 NHK朝ドラ 脚本/長田育恵 出演/神木隆之介 浜辺美波 志尊淳 佐久間由衣 安藤玉恵 前原滉 前原瑞樹 松坂慶子 他 朝ドラ前2作「ちむどんどん」「舞い上がれ」(「ちむどんどん」は早々に視聴脱…

「転職の魔王様」〜あなたの人生このままでいいんですか?〜自分に合わない仕事してませんか?

おもしろかった! 「転職の魔王様」フジテレビ(カンテレ)2023年7〜9月/月曜夜10時 原作/額賀 澪 脚本/泉澤陽子 小峯裕之 出演/小芝風花 成田凌 石田ゆり子 おいでやす小田 白洲迅 山口紗弥加 他 原作は経済小説なんですね。PHPから出版されてますもの…

テレビドラマ「シッコウ!!〜犬と私と執行官〜」〜こういう仕事があるんだぁ〜伊藤沙莉がひたすらvery good

とても面白かった! 「シッコウ!!〜犬と私と執行官」テレビ朝日2023年7〜9月/火曜夜9時 脚本/大森美香 出演/伊藤沙莉 織田裕二 他 「カバチタレ(2001フジテレビ/常盤貴子 深津絵里)」「あさが来た(2015NHK朝ドラ/波瑠)」などの脚本を手掛けている大…

テレビドラマ「この素晴らしき世界」〜時事とシンクロした〜大女優 若菜絹代(浜岡妙子)から私たちへのメッセージ

予想に反して素晴らしいドラマだった。 「この素晴らしき世界」フジテレビ2023年7〜9月/木曜夜10時 脚本/烏丸マル太 出演/若村麻由美 木村佳乃 マキタスポーツ 平祐奈 中川大輔 猫背椿 沢村一樹 他 いったいどんなドラマなんだろう、とおそるおそる(?)…

「ハヤブサ消防団」〜えぇ?カルト教団の話だったとは

まさかの展開に、ちょっと唖然。 「ハヤブサ消防団」テレビ朝日2023年7〜9月/木曜夜9時 原作/池井戸潤 脚本/香坂隆史 出演/中村倫也 川口春奈 山本耕史 満島真之介 生瀬勝久 他 池井戸潤のサスペンスといえば、多岐にわたる舞台があるが、今回は町の「消…

「VIVANT」〜このドラマは「ドラム」に尽きる

「VIVANT」TBS 2023年7〜8月/日曜夜9時 出演/堺雅人 阿部寛 二階堂ふみ 役所広司 富栄ドラム Barslkhagva Batbold 他 舞台がモンゴルで、初回からなかなかの迫力で迫ってきた。 砂漠のシーンが続いていささか食傷気味にはなったが、謎解きを真っ向から仕掛…

「CARPE DIEM 今この瞬間を生きて」ヤマザキマリ著〜アンチエイジングの呪縛から解放されるには

「CARPE DIEM」という言葉が私は好きだ。 「CARPE DIEM 今この瞬間を生きて」 ヤマザキマリ著/エクスナレッジ 「いまを生きる」(1989アメリカ/原題Dead Poets Society)という映画がある。第62回アカデミー賞脚本賞を受賞している作品だ。 ロビン・ウィリ…

映画「天使のいる図書館」〜ゆるいファンタジーかと思いきや「ありえたかもしれない」人生の回収〜小芝風花が素晴らしい

タイトルの「図書館」につられて観た。 「天使のいる図書館」2017年日本 監督/ウエダアツシ 脚本/狗飼恭子 出演/小芝風花 横浜流星 森本レオ 香川京子 他 例えば私が移住を考えるとしたら、広くて大きい魅力的な図書館のある街がいいな、などと思うことが…

テレビドラマ「赤鼻のセンセイ」〜人は笑うために生きている

いやぁ〜ひっさしぶりに観たけど、い〜いドラマだ。 「赤鼻のセンセイ」2009年日本テレビ 水曜夜10時 脚本/土田英生 根本ノンジ 出演/大泉洋 小林聡美 神木隆之介 須賀健太 香椎由宇上川隆也 他 大泉洋の連続テレビドラマ初主演作品。 「ラストマン」(202…

「水曜どうでしょう」〜ヨーロッパ21カ国完全制覇〜大泉洋の天才性

「水曜どうでしょう」にハマった。 TOKYO MXで放送していたのをたまたま、本当にたまたま観て面白くて、続きが見たくなった。毎週やってるのかなとテレビの番組表を辿ると、やってた!でも忘れそうだなぁ、どこかで配信してないのかな、と探ってみると、あっ…

「昔話」の呪縛〜正直者とずるい人

精神科医の香山リカのコラムを読んで、なるほど、と考えてしまった。 数年前のこと。不幸な出来事が続いてうつ状態になった男性が香山の診察室にやって来た。「どうしてこんなことになったのでしょう。何も悪いことはしていないのに」とその患者は問いかけて…

映画「1999年の夏休み」〜これは「トーマの心臓」だ〜深津絵里らが演ずる少年たち独特のファンタジー世界

久々に幻想的なファンタジーに閉じ込められてしまった。 「1999年の夏休み」1988年日本 監督 金子修介/脚本 岸田理生/原作 萩尾望都「トーマの心臓」 出演/宮島依里 大寶智子 中野みゆき 水原里絵(現・深津絵里) こんな映画があったのか。知らなかった…

映画「川っぺりムコリッタ」〜生と死〜遺骨と葬儀とお墓〜そして食生活

荻上直子のファンなんだけど…この映画については何も書かないかなぁ… 「川っぺりムコリッタ」2022年日本 監督・脚本・原作/荻上直子 出演/松山ケンイチ ムロツヨシ 満島ひかり 吉岡秀隆 他 「かもめ食堂(2006年)」とか「めがね(2007年)」とか、最近で…

2023年春ドラマについて〜ドラマのみで生くるものにあらず〜退屈と向き合うための文化

コロナが5類になったからなのか、ドラマの数が多すぎる。 緊急事態が出た年はドラマの撮影ができなくて大変だった。各局工夫してドラマをつくっていた。それもすでに懐かしい記憶か。 にしてもこんなにたくさんつくらなくていいのに、と思っていたら、同様…

ドラマ「日曜の夜ぐらいは…」〜幸せになっていいんだよ〜幸せになろうよ

久々に岡田作品を堪能できた。 「日曜の夜ぐらいは…」テレビ朝日 2023年4〜6月 日曜夜10時 脚本/岡田惠和 出演/清野菜名 岸井ゆきの 生見愛瑠 岡山天音 川村壱馬 和久井映見 宮本信子 生田智子 エレキコミック 他 和久井映見、宮本信子、岡山天音、生田智…

ドラマ「波よ聞いてくれ」〜ミナレは正義の味方だ〜「マーベラス・ミセス・メイゼル」のラジオパーソナリティバーション

おもしろいコメディドラマだった。 「波よ聞いてくれ」2023年4〜6月テレビ朝日 金曜夜11時15分 原作/沙村広明 脚本/古家和尚 出演/小芝風花 北村一輝 片寄涼太 平野綾 原菜乃華 小市慢太郎 他 おもしろかったとはいえ、実はちょっと疲れた。 若い年齢では…