ねことんぼプロムナード

新しいルネサンスの小径

占いとおせんぼ

対面占い(スタイル)の醍醐味〜対面とリモートのメリットとデメリット〜

緊急事態宣言、ロックダウンというものが実施されてから、世界はリモートオンラインでの仕事や対話が盛んに行われるようになった。リモート飲み会まである。 これは現代社会を支配してきた価値観に一石を投じる出来事であって歓迎すべきメリットも多いが、一…

4ヶ月ぶりの対面占い〜他人にカードを触らせないという教え〜飲食店利用感想〜

占いの仕事は、オンラインとメールのみで対応してきたここ3〜4ヶ月でしたが、6月下旬になって、対面占いの依頼を受けさせていただきました。行動移動自粛も解除されて、そろそろいいかな、とも思っていたので申し込みを受けさせていただきました。 様々な…

占い師が占いの仕事を疑うとき〜現在 過去 未来〜

新型コロナウイルス感染拡大という災厄が起きてから、私自身、筆が覚束ない。 経験したことのない出来事。生活。 目まぐるしく変化する報道に追いつこうとする日々。 昨年は、アニメ会社放火事件、無差別殺人やそこから憂慮した父親による息子殺し事件など、…

「〇〇になれますか?」と尋ねて「絶対になれません」と占い師に言われたら

書評家で詩人の若松英輔がこのようにツィートしていた。 学生時代に一度だけ、占い師にみてもらったことがある。「もの書きになれますか」と尋ねると「それはありません。気配もありません」と即答された。今でも時折、名前も顔も覚えていないこの占い師を思…