ねことんぼプロムナード

新しいルネサンスの小径

読書に夢中になるということ

お客様、お客様、お客様、

 

え?は、はい。

 

お客様、閉店の時間でございます。

 

え?

 

申し訳ございません。閉店のお時間でございます。

 

あ、えっと、わ、こんな時間。

 店内の時計を見る。

 辺りを見回す。

 薄暗い店内と夜闇に映る街灯。

あ、ごめんなさい。

……

わ、わたしずっとここに居ました?

 

? 困った表情の店員。

 

こんなに読んだのか……

 手元の本のページをパラパラと確認する。

ごめんなさい。すぐ出ます。長いこと居座ってすみませんでした。

 荷物を整理しながら額に手を当てる。

あ、ごめんなさい。1分だけ時間ください。頭を現実に戻さないと、交通事故にあっちゃいそうで……

 

だいじょうふですよ。

 

ありがとう。