ねことんぼプロムナード

新しいルネサンスの小径

モーツァルトと西ドイツ東ドイツ

夜中2時すぎ。

ふと気づくと、NHK「ラジオ深夜便」からモーツァルトが流れていた。

なんだか懐かしい。

そういえば最近、モーツァルトを聴いていなかった。モーツァルトどころか、クラシックをじっくり聴いていない。

 

NHK名曲アルバム選 モーツァルトの調べ」

そういえば名曲アルバムってやってなぁ。けっこうよく遭遇していたけれど、今よりもNHKにチャンネルを合わせる時間が多かったのだろうか。

ちょっと調べてみたところ、今でもやってるんだ……遭遇したことがない。

 

アンカーの女性アナウンサーが、「名曲アルバム」でその曲に採用されていた映像の解説文を読んでいた。

「西ドイツ、あ、時代を感じますね」と言うのを聴いて、思わず笑った。

 

そうだった。ドイツには西ドイツと東ドイツがあった。ドイツ人との文通。封筒にW Germanyと書いて郵便局からエアメールを送っていたのを思い出す。

その後、ベルリンの壁崩壊直後にベルリンに行った。壁の破片やソ連軍関連のグッズを売る青年たちがいっぱいいた。

そうそう、ベルリンには「エジプト博物館」があったっけ。

 

モーツァルトはやっぱり天才だな。誰も真似できない。

美しい音楽。こういった音楽は二度と現れないのだろう。地球に唯一。

ビートルズも地球に唯一のような気がする。

 

モーツァルトオーストリアにいたのに、けっこうドイツに足を運んでいたんだな。

ドイツの地名がいろいろ出てきて、懐かしさが増す。

感覚が甦る。ドイツが好きで、ドイツ語を学んだ。

でもドイツ語って、ヒトラーも喋ってたんだよな。

モーツァルトは、イタリア語ではなく、ドイツ語でオペラを書かせてくれと皇帝に頼んでいた。新しいことをしたいと言って。映画「アマデウス」。

 

ヨーロッパの匂いがしてくる。

 

聴き入ってしまい、眠れなくなってしまった。