ねことんぼプロムナード

新しいルネサンスの小径

2018-12-30から1日間の記事一覧

「いまを生きる」③~強制的死という選択~

ニールは、キーティング先生の理想にいちばん反応した生徒だと言ってよいだろう。父親の支配の強さは、映画冒頭からしっかり伏線がはられている。 映画「いまを生きる」1989年アメリカ 第62回アカデミー賞脚本賞受賞 監督 /ピーター・ウィアー 脚本/ トム…